クレアチン 腕立て伏せ

クレアチンと腕立て伏せの関連性ってなんだろう?クレアチンを摂取して腕立て伏せをするとどうなるの?そんな疑問と、腕立て伏せで得られる効果を合わせてチェック!
MENU

クレアチンと腕立て伏せの関連性って何!?

道具を使わない筋トレと言えば、腹筋、背筋、腕立て伏せの3本柱が思い浮かぶと思います。

 

小学生の頃に習うこれらの筋トレは、初歩的でありながら筋トレの要とも呼べるものですよね。

 

腹筋、背筋はできても、腕立て伏せはキツイ!という方、多いのではないでしょうか。

 

腕の筋肉は日ごろから使う部分でもありますが、自分の体重を支えるとなると、筋トレが必要ですよね。

 

特にトレーニングを積んでいる方の筋力効果や持続力というのは、階段の上り下りでさえ差がついてしまうもの。

 

そんなトレーニングを積んできた方も、これから始めようと思っている方も、より筋力アップ効果のある方法を望みますよね?

 

アスリートや、スポーツに力を入れている方には常識として知られるクレアチン。

 

クレアチンを摂取しながら筋トレを行うと、どのように違うのでしょうか。

 

今回は筋トレの中でも、腕立て伏せに対する効果に注目して、効果を見ていきます。

 

<腕立て伏せの効果とは>
腕立て伏せは、字のままに受け取ると、腕の筋肉を鍛えるものかと思いますよね。

 

ところが実際には、
◎上腕三頭筋
◎三角筋
◎大胸筋
を、鍛えることができるのです。

 

特に、大胸筋への効果があるので、女性にとってはバストアップ効果もあるものなのです。

 

腕立て伏せをしていると、全身が筋肉痛になりませんか?

 

上半身だけを鍛えているかのようですが、実際には全身を鍛えることができる、非常に優れた筋トレなのです。

 

また、筋トレ効果だけではなく、循環器系の機能向上を見込めたり、基礎代謝の向上、腰痛にも効果があるとされています。

 

これほどまでに様々な効果がある腕立て伏せは、過剰にやりすぎてしまうと、筋肉を傷める可能性があるので注意が必要です。

 

特に筋トレ初心者の方は、
◎1セットごとに休息をしっかりとること
◎負荷をかけすぎないこと
◎無理をしすぎないこと
が大事となり、安全に行うためにも必要となります。

 

<クレアチンを摂取するとどうなる?>
腕立て伏せの効果というのは、全身の筋肉に非常に効果的であることがわかりましたね。

 

さらに筋力アップ効果を目指す方、より効果を感じたい方は、クレアチンを摂取してから腕立て伏せをすることが望ましいです。

 

クレアチンは、消費したエネルギーを補い、そのエネルギー源を復活させてくれる効果に期待が持てるため、今のパフォーマンス力を向上させたい方や、筋力アップを目指す方に効果的とされています。

 

通常、トレーニングの前にクレアチンを摂取することで、その日のトレーニングの違いを実感できたり、疲労回復効果への実感が見込めます。

 

腕立て伏せも、継続することで全身の筋肉を鍛えることができるため、クレアチンを摂取して腕立て伏せを行うとその違いを実感できることでしょう。

 

クレアチンを摂取することで、いつもより疲れを感じなかったり、より強度なトレーニングに励むことができるという効果実感している方が多くいます。

 

腕立て伏せをはじめた頃は、筋肉痛が続きますが、それも慣れてくると筋肉痛も起きなくなり、筋肉の肥大効果も感じなくなってくることがあります。

 

その際は、負荷を上げるように腕立て伏せの仕方にも工夫をする必要があり、筋トレの効果を無駄にしないためにも、トレーニング後にクレアチンを摂取することもポイントです。

 

クレアチンを摂取する際は、水分不足にならないように、きちんと水分補給を行うようにしましょう。

 

<クレアチンと腕立て伏せの関連性って!?効果アップは本当?:まとめ>
クレアチンを摂取しないのと、したのとでは筋トレ効果においても差がついてきます。

 

腕立て伏せは、胸周りの筋肉を鍛えつつ、下半身までも鍛えることができるので、筋トレ初心者にもおすすめのトレーニングです。

 

クレアチンを摂取していても、すぐに効果を実感できる人と、しばらくの期間が必要な人とで、効果には個人差があります。

 

「もっと負荷をかけないとまずいのかな!?」と焦って負荷をかけすぎて、筋肉を傷つけてしまっては本末転倒です。

 

筋トレもダイエットと同じように、短期集中ではなく長い目で効果をみていくのが良いでしょう。

 

>>メタルマッスルHMBを【Amazonよりも最安値】で買う方法

このページの先頭へ